×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンセプト決定と式場決定のコト

☆☆ コンセプトがきまらなければ、式場は何もすすまない!☆☆

コンセプトが、凄く大事です。なぜかというと、ふたりがどういう式にしたいかで、
選ぶ会場も、ドレスも、作るべき雰囲気も、全然違うからです。

もし、挙式・披露宴も格式をあげなければならないふたりなら相応の会場から選んで、そのなかでオリジナル色を出すように頑張ればいいし、
ディズニーが大好きならディズニーランドの周辺や中で挙げるのも素敵だし
ハネムーンと一緒に…なら海外も素敵です。

私たちは「国内で、アットホームな式、海のイメージで行こう!」ときめました。
私たちの結婚の承認になってくださる方のおもてなしがしたい!

なので、アットホームにできそうな式場を探しました。
ホテルもみましたが、自然とレストランが多かったです。

☆☆ 何をみるか?☆☆
最初はゼクシィ、ウェディングパーク、ゼクシィの雑誌をみて、ぼんやりと、とりあえず行ってみたのですが、行くにつれて自分のイメージがかたまってきます。「ああ、私、挙式は結構きちんとしたかったんだな」とか、そういうことが自分でもわかってきました。

しかも、行ってみないとわかりません。結構ホームページや雑誌のイメージと違うことがあるからです(結構というかかなり多い)。

あと、会場スタッフが「いい式にしたいね!」という感じでいてくれるか、「ここで式をしてください!こんなにもいいですよ!」という気持ち丸出しなのかでも印象がかわってきます。実際当日まで、お世話になるスタッフの応対は絶対に見逃さないほうがいいと思います。

まぁ、レストランを探すのであれば、式の出来るところは結構おしゃれなので、デートのとっておきのお店を探すような気分で気軽に行ってみればいいと思います。
また、会場によってはウェディングフェアをやっています。無料や格安で結婚式のご飯を食べさせてくれたり、シンガーが歌ってくれたりシャンパンサーベルやドラジェのサプライズイベントの体験をさせてくれるとこもありますので、楽しんでいくといいと思います。

☆☆ 7会場まわって… ☆☆

結局決めたところは、「エルガーハウス」という品川区にある会場でした。

☆会場の雰囲気が頭に描いていた理想ととても近い(素敵なお庭があった)
☆目黒駅から近いので、道がみんな簡単。
☆スタッフがみんな感じがいい
☆料理が美味しい

当日は乳児をつれた方がいらしたので、部屋の数が多いのも良かったな、と思いました。また、レストランなので、ゲストハウスや結婚式場とは違い、記念日にはご飯を食べにいけるのも魅力。
ただそのときは、やはりコストパフォーマンスが気になることと、「オシャレで普通の「いい」結婚式になるかもしれないな」という気持ちでいました。

実はエルガーハウスと迷ったレストランがありますので、ご紹介します。

渋谷区にある「ドーヴェ・チェ・ラ・フォンテ」というレストラン。
ここは、普通のマンションの1階だわ、大通りに面しているわ…。無いな!と思っていたのですが、
中は別世界。
とてもかわいらしく、アットホームな式ができそうでした。写真もみんなにこにこ。
また、スタッフさんから「わくわく」する感じが凄く伝わってきます。
「こういうのはどうですか?こんなことをされた方もいらっしゃいますよ」と…。
そして気付くと私たちふたりもわくわく!これもしたい、あれもしたいと浮かんでくるんです。
大きいシャンパンをついでまわるのも面白いかも、新郎新婦の「席」を動かしてゆっくり時間を過ごすなんて考えたこと無かった。パズルで結婚証明書なんて凄い…。
今まで型の決まった人前式しかでたことなかったけど、こんななら、私たちっぽい式ができるかも…
結局ウェイティングスペース、駅からのアクセス、あのお庭の魅力から、エルガーハウスにしましたが、ここは、価格の魅力と、オリジナルウェディングへの期待でかなり迷いました。
ドーヴェ・チェ・ラ・フォンテのわずかな見学時間の間に、式は人前式にして「ブーケ・ブートニアの儀式」をしたい!披露宴では高砂席にはいないでみんなと話すのに時間を使おう!と決まりました。凄い勉強になりました。
ドーヴェ・チェ・ラ・フォンテ。ほんと、すばらしいレストランです。

というわけで、いろいろなわくわくをガンガン、エルガーハウスに持ち込み(最初はエルガーハウスでは無理かなと思ってた…)、スタッフさんもできる範囲で、一生懸命に答えてくださいました。当日このわくわくが伝わってればいいなと思います。
ちなみに、エルガーハウスは婚約にも使いましたが、スタッフさんの心遣いで、別室で指輪の交換や顔合わせをすることができました。会場は、ただの「ハコ」ではなく、思い出の背景であり、ひとであるなぁと思いました。ありがたいことです。

会場は、本当にたくさんあるなかで、出会えるものはかなり少ないと思います。
やはり、縁なんでしょうね。


トップページへ戻る